理事長よりのごあいさつ

2017年7月30日 ホームページ刷新に当たって

理事長 加来洋八郎

 当ホームページを覗いて頂き有難う御座います。
 私たちは当会をNPO法人化するまでは地域医療を育てる活動と言うよりどちらかと言うと市立病院建設を促す活動に力が入っていたかも知れません。
 経過を紐解くと七転び八起や九転十起の諺が出る様に医師会等の反対で県医療審議会や市議会で市立病院建設に暗雲が立ち込めたことが幾度もありました。
 然しこれを生かす形で乗り切って来たのが生駒市民社会の特徴的良さであり強さだと思います。
 2013年11月、当会のNPO法人化記念パーテイーには市長、議長(代理)市医師会会長、院長予定者、奈良県知事公室(健康長寿まちづくり担当)審議官、中地区自治連合会会長等多くの方々に参加頂き励みとなりました。
 その後市立病院が開院の運びとなったこともあり、会の活動は市民のための市立病院づくり、市立病院も含めた医療機関、行政、そして住民が協働して地域医療を育てる活動になりました。当NPO法人は市民が地域医療を担う重要な構成員であるとの自覚を持って、必要な事項を調査研究し、住民への情報提供、啓発活動を行い、住民の立場から関係機関に働きかけ、関係機関相互の理解を醸成する活動を心掛けています。
 国や県は少子高齢化への対応策として地域包括ケアシステムづくりを市町村に求めています。その大きな柱である医療、とりわけ医療連携において、生駒市、市立病院、市医師会、病院協会関係者、更に地域医療の担い手として私たち市民も加わり内実を高める手立てを講じなければなりません。そうすることで、生駒での地域包括ケアシステムづくりも進みます。当NPO法人ホームページの刷新が市民の皆さんの積極的な関わりに繋がることを期待します。
 私たち市民が力を発揮し、違いを超えて協働し、良好な医療連携、良好な地域包括ケアシステムを目指すのは素晴らしいことだと思います。そうしてこそ得られる生駒市民としての誇りと健康生活を手に入れることにお力をお貸し下さい。皆さんのご健勝を祈念しています。
 又このホームページでお会い出来ますことを楽しみにしています。

Page Top